2019/05/10

『かわいい刺しゅう9号』“バラと勿忘草のピンクッション①”にトライ

日々刺しゅうの練習と楽しさにハマり、時間を見つけてはチクチクと作業に勤しんでいます。
 
さて今回は、9号に掲載中の「バラと勿忘草のピンクッション①」がとてもかわいかったのでご紹介したいと思います。
 

なんと言っても目に止まったのが、リボンの刺しゅう。
刺しゅうといえば、2本取りなどで使用する刺しゅう糸の世界しか知らなかったので、今回のリボンの刺しゅうはとても興味津々でした。
 
5ミリほどの細いリボン。これを、低音のアイロンで折り目を伸ばしていきます。
 

さっそく図案を写してみました。こんなに小さな図案。うまく刺せるかしら…。
 

実は創刊号にキットとして送られてきた刺しゅう針の中に、やけに糸通しの穴が細長い針があるなと思っていたのですが、今回ようやく出番になります。普通の刺しゅう針と比べても、針穴の大きさの違いがわかりますよね。

 

この針にリボンを通してみると、こんな感じに。ちなみに、玉止めなども普通の刺しゅう糸とは方法が異なるのですが、随所に動画アクセスのQRコードが印刷されているので、その都度確認しながら作業ができます。
 

1つ目の模様を刺してみたところです。リボンは平たいので、ねじれが起きぬよう、手で抑えながら目を刺していくのがポイントのようです。

 

また、引っ張りすぎてもリボンがすぐ攣れてしまったり、緩めすぎるとだらしがなくなってしまったりするので、ひと目ずつふんわり仕上がるよう微妙にリボンに余裕をもたせながら刺していきます。
 

2色のグリーンで葉の部分を刺し終えたところです。上出来とはいえませんが、初めてにしてはなかなか?

 


続いて、メインとも言えるバラの花びらを刺繍していきます。
 

こちらは、リボンの幅広を生かし、写真では見づらいですが、中心に向かって刺した5本の軸にリボンをねじってひねりをかけながら軸をくぐらせるという手法。初めての手法に、ちょっとテンションが上がりました♪
 


軸のリボンが見えなくなるまで、リボンをひねりながらくぐらせること数回。一輪のバラ完成です。
 

ここは、葉っぱ以上にリボンのふんわり感を残しつつひねるのが最大のポイントのよう。力加減がなかなかわからず、キツめのバラになってしまいました…。
 


今度はリボンを変え、薄いピンクでバラを作成。リボンのふんわり感に気を配ったので、濃いピンクよりは若干ふんわり感が出せたような気がします。でも奥が深い~。難しい。
 

今回のピンクッションの刺しゅうはここまで。次回は10号でレクチャーされているそうなので、そちらを熟読しながら進めたいと思います。
 

ところで、ひねりながらくぐらせるこの手法は「スパイダーウェーブローズ」という刺しゅうのステッチの一種。今回はリボンですが、毛糸などでもバラの花びらを再現できるようです。
 

このステッチが覚えられたので、機会があれば、他のリボンや毛糸などでバラの刺繍にトライしてみようかな。

Hiromi

BY Hiromi

SNSで共有

  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) facebook
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) instagram
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) twitter
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) RSS

メルマガ配信中

カンタン会員登録で、Simple Stylishの最新情報と、ちょっとお得なお知らせをメールでお届けします!

登録はこちら

隔週刊 かわいい刺しゅう

籐でつくる小物とバッグ

ハンドメイドキットをご紹介