2019/03/01

手作り箸袋で、テーブルに華やぎを!

年末年始やお誕生日、その他のイベントなどには、家族みんなで集まって料理を囲むのが定番の我が家。そんな時に用意しておくと、食卓がちょっと華やかに見えるのが、箸置きだったり、箸袋だったりしますよね。でも意外と事前に用意するのを忘れてしまいがち。そんな時、買い忘れてしまっても安心で便利な箸袋の作り方をご紹介したいと思います。

用意するのは、家に余っている折り紙のみ! もしなければ、100円ショップで売っているので、それを使ってもきれいです。

まず、折り紙を三つ折りにします

そして向かって右端の上を斜め45度に折ります。

45度に折ったところをさらに半分くらいに折ります。この時にあまりにも斜めに折ってしまうと最後のお箸を入れるときに袋っぽくならないので要注意です。

袋の下になる部分を1~1.5cmほど、後ろへ折り曲げます。

折り曲げた部分を隠すのと、少しアクセントを付けるために、違う色の折り紙で帯を作ります。これで出来上がりです!

お箸を入れてみましょう。なかなかいい感じです!

今回作ったようなかわいい絵柄の折り紙であれば子供が喜ぶこと間違いなし! また大人用には、柄の美しい千代紙や和紙で作るのもおすすめ。ホームパーティや特別な日に、ぜひ活用してみてください。

Asuka

BY Asuka

SNSで共有

  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) facebook
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) instagram
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) twitter
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) RSS

メルマガ配信中

カンタン会員登録で、Simple Stylishの最新情報と、ちょっとお得なお知らせをメールでお届けします!

登録はこちら

隔週刊 かわいい刺しゅう

籐でつくる小物とバッグ

ハンドメイドキットをご紹介