2018/10/12

なんでもない紙袋をおしゃれに変身させちゃおう!

なんでもない紙袋をおしゃれに変身させちゃおう!

お友達の家にお邪魔する時や、ちょっとしたプレゼントを手渡したい時…。普通の紙袋ではなんだか味気なく、気持ちも伝わらない気がしてしまいます。そこで、だれでも簡単にできるアレンジ術をご紹介。お邪魔したお宅での話のネタにもなりますよ。



今回は、紙袋のシルエットを生かして、“フラミンゴ”を作りたいと思うので、ピンクの画用紙を用意しました。フラミンゴだからといって絶対にピンクでなくてはいけないわけではありません。むしろ、いろいろな色で作ってみてもかわいいと思います。



まず、紙袋の横幅の大きさに合わせて、画用紙をカットします。この時、紙袋の取っ手部分も隠れる高さは確保してください。紙袋の両面分、2枚用意します。



次に、画用紙にフラミンゴのシルエットを書いていきます。この時、フラミンゴのカーブした首が、紙袋の取っ手の位置と重なるようにしてください。



シルエットが書けたら、画用紙2枚を重ねてカットします。この時、マジックで書いた線より少し内側を切ると、マジックの跡が残らなくてきれいです。



次に、白の折り紙で顔を作ります。画用紙のフラミンゴの顔の部分のシルエットを折り紙の上に置くと、輪郭がとりやすいですね。折り紙も2枚重ねで切り、2つの顔を作りましょう。

次は、くちばしの部分です。黒い折り紙を使って、こちらも同じように輪郭を書いて切っていきます。

フラミンゴを紙袋に貼り付けていきますが、この時、紙袋の持ち手となる部分はカットして、くりぬいておきましょう。貼る前にまず、紙袋とのバランスを確認してくださいね。失敗すると、せっかくのフラミンゴの首の部分と取っ手が合わなくなってしまいます。両面貼りますが、この時にもフラミンゴのシルエットがずれないように、向きに気を付けて貼るようにしましょう。





全てのパーツを紙袋につけて完成です。目はあってもなくても、どちらでもお好みで!目があるほうがかわいらしい感じにしあがりますし、目を付けずシルエットだけでも十分フラミンゴだとわかり、大人っぽい仕上がりになると思います。

100円ショップで買ってきた何の変哲のない紙袋ですが、ピンクのフラミンゴに大変身! 白とピンクの組み合わせで、とても素敵になったと思いませんか?普通の紙袋を持つよりも少し気分が上がりますし、子供がもらったら大喜びすること間違いなしです。

フラミンゴだけではなく、いろいろな動物のシルエットを生かして紙袋を変身させてみませんか?

Asuka

BY Asuka

SNSで共有

  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) facebook
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) instagram
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) twitter
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) RSS

メルマガ配信中

カンタン会員登録で、Simple Stylishの最新情報と、ちょっとお得なお知らせをメールでお届けします!

登録はこちら

隔週刊 かわいい刺しゅう

籐でつくる小物とバッグ

ハンドメイドキットをご紹介