2018/08/31

傘の記名をかわいくおしゃれに♪

子供に傘を使わせると、あっという間に骨を曲げて帰ってきませんか? 我が家の娘たちもは中学生になってもすぐに傘をダメにしてくるので、あまり高価な傘は買わないのですが、今年は二人に傘を新調してみました。



シンプルな無地の傘。今度こそ大切に使ってほしいなと思い、心を込めて記名することにしました。



通常、傘の記名の定番といえば、柄の部分。ところが、この傘は柄の部分がサラサラとした質感で、テープも定着しないタイプ。



実はこの傘、バンド部分が思いのほか幅広であることを発見! ここに記名していこうと思います。



私のデコレーションの定番ともいえるアクリル絵の具。今回は、傘の生地の質感から、どうも絵の具がにじみやすいのかも…と予想し、メディウムや水を加えず、アクリル絵の具を丁寧に混ぜて、極細の筆になじませて描いていきます。



無事、二人の名前を描き入れました。でも名前だけでば、どうもパンチが弱い印象。もう1アイテムプラスしたいと、考え付いたのがこちら!



傘のバンドの幅にぴったりサイズのワッペンを付けることにしました。傘生地は、ナイロンなどの化繊なので、アイロンワッペンは不向きです。手縫いで取り付けてあげましょう。



あっという間に完成です。無地のシンプルな傘に、ワッペンがよく映えて、いい感じに仕上がりました。



傘を広げるとこんな感じです。

今回は、幅広のバンドに名前を入れたので、作業もやりやすかったです。一般的な傘だと、もう少しバンドの幅も細いとは思いますが、イニシャルだけでも入れると、グッと個性が出ると思います。また傘を閉じても開いても名前が目立つので、盗まれる心配も減るような気がします! 器用な方は、バンドに刺繍で名入れするのもおしゃれですよ。

ぜひ、梅雨や台風など雨の日は、個性あふれる傘をお子さんに持たせてみてくださいね。

Hiromi

BY Hiromi

SNSで共有

  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) facebook
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) instagram
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) twitter
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) RSS

メルマガ配信中

カンタン会員登録で、Simple Stylishの最新情報と、ちょっとお得なお知らせをメールでお届けします!

登録はこちら

隔週刊 かわいい刺しゅう

籐でつくる小物とバッグ

ハンドメイドキットをご紹介