2018/08/21

トイレ収納棚をすのこオンリーで作る!

トイレには、さまざまなグッズが収納されていますよね。トイレットペーパー、トイレ専用洗剤、ブラシ、生理用品等など。みなさんはどうやって収めていますか? 今回、一箇所にまとめて収納できる大きめ収納棚を作ってみましたので、作り方をご紹介しますね。

 


材料はこちら。100円ショップで売られている40×25cmのすのこ。これを12枚購入してきました。この他、以下の副材料があればOKです。
・木工用ボンド
・のこぎり
・マイナスドライバー
・16ミリぐらいの小さめの釘
・金槌

ではさっそく作ってみましょう!



まず、すのこ5枚は写真のようにマイナスドライバーを使って「ゲタ」と呼ばれる部分を取り外していきます。20枚の板とゲタ15本に分解。さらに、写真にはありませんが、取り外した20枚の板のうち、6枚はそれぞれ半分にカットしておいてください。

 


解体していないすのこのうち3枚は、写真のように中央のゲタのみはずしたら、のこぎりで半分にカットします。

 


さらに、手付かずで残っているすのこ4枚のすき間に、先ほど解体したすのこの板を木工用ボンドで貼り付けていきます。写真を見てもわかるように、ピッタリ収まります。これを2枚作っておきます。

 


ここまで出来たら組み立てていきます。隙間を埋めたすのこ2枚を向かい合わせに立たせ、その間に最初に半分にカットしたすのこを当て、ボンドと釘で固定させます。写真を参照しながらやってみてください。

 


固定したら、写真のようにゲタ部分に木工用ボンドを塗ります。

 


その上から、最初の工程で半分にカットした板部分をはめこんでいきましょう。こちらもサイズがぴったりに収まるはず。これで底面の出来上がりです。

 


底面が出来たら、次に天板を付けていきます。同じ様に半分にカットしたすのこを、側面のすのこのゲタに合わせ、木工用ボンドと釘で固定。さらに半分にカットした板をボンドで接着していきます。

 


このような工程で2つ棚部分が完成しました。写真右は、収納スペースを考え、中段も取り付けてみました。



この2つの棚を縦に重ね、接合していきます。まず上下を重ねて、接地面に木工用ボンドを添付して接着。



接地面が狭くてかなり不安定だったので、私は、残り端材をオモテとウラから写真のように充てがって補強しています(このときの接着は、やはりボンドと釘とダブルで補強してあげてくださいね)

ここで、一応の収納棚は完成するのですが、両側面でしか棚を支えていないため、かなりグラつきがあります。



そこで、たまたま家の押し入れで使用していた長さ75cmのすのこを発見(こちらはホームセンターで入手できます)。



これも解体しちゃいました。

 


このすのこの板を棚の裏側に充てがい、ボンドや釘などで固定してみました。

 


今度は、安心の安定感を実現! グラつきはゼロになりました。

 


今回は、私は棚のどの部分に何を収納するか、予めプランを練っての作業でしたので、どの棚もピッタリ収まることが出来ました。

100円ショップのすのこは、本当にさまざまなサイズがラインナップされています。今回のように、半分にカットしたりすることで、希望のサイズが叶ったり、また棚板部分だけをすのこではなく、一枚板を購入することで、棚の幅もサイズ調整が可能になります。

皆さんの作りたいサイズをプランニングして、ぜひ作ってみてくださいね。

Hiromi

BY Hiromi

SNSで共有

  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) facebook
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) instagram
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) twitter
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) RSS

メルマガ配信中

カンタン会員登録で、Simple Stylishの最新情報と、ちょっとお得なお知らせをメールでお届けします!

登録はこちら

隔週刊 かわいい刺しゅう

籐でつくる小物とバッグ

ハンドメイドキットをご紹介