2018/08/10

お気に入りの和柄生地で簡単兵児帯を作ってみよう

夏真っ盛りのこの時期、お祭りや花火大会など、イベントもめじろ押し。そんなイベントにはぜひ浴衣ででかけたいですよね。
ところで、特別な着付け技術がなくても簡単に着られる今の浴衣。帯も「作り帯」が主流になりつつあります。定番のちょうちょ結びにされた作り帯もいいけれど、ちょっとオリジナリティのある「兵児帯」が、実は簡単に作れるんです。その兵児帯の作り方をご紹介します。



◆用意するもの
・お気に入りの和柄生地…1m
・接着芯…1m

和柄の生地は、通常95cm幅で売られているものがほとんど。1mもあればOKですが、本物さながらの4m近い長さの兵児帯を作りたい方は、1.3mほど購入したほうがいいようです。

では、さっそく作ってみましょう。



生地は写真のように三等分にします。上の2枚には上下の縫い代各1cmずつ引いた幅にカットした接着芯をのせておきます。一番下の生地は縦に半分にカット。接着芯は不要です。

 


上2枚の接着芯をアイロンで圧着していきますが、接着芯の左右を3cmほど接着しないでおきます。後で縫い合わせてから圧着するためです。アイロンは中~高温で一箇所に付き10秒弱あてて、しっかり接着させてくださいね。


接着芯を付けた生地は横に2枚つなげていきます。縫い代は1cmほど。接着芯を一緒に縫い込まないよう、手で持ち上げながら縫いつなげていきます。2枚の接着芯付きの生地をつなげたら、その両サイドに、2枚めの写真で縦半分にカットした短い生地も縫い合わせて一枚の長い生地に仕上げていきます。

イメージとしてはこんな感じです。

ね、帯っぽくなってきたと思いませんか?

 
それでは、仕上げに入ります。



生地をつないだそれぞれのつなぎ目は、写真のように縫い代を割ってアイロンで抑え、その上から接着芯を閉じていきます。

 


ここもアイロンはしっかりかけてください。仕上がりの美しさのポイントにもなります。

 


つなぎ目が無事処理できたら、今度は端処理です。私はロックミシンでほつれ止めしていますが、ロックミシンのない方は、ジグザグミシンをかけて、ほつれ止めをしておきます。端は、接着芯に沿うように内側に折り込んで、アイロンで筋を付けておきます。



帯の端に当たる部分は、写真のように1cm幅の三つ折りにしてアイロンします。帯を結んだ時によく見える部分なので、丁寧に仕上げていきます。



アイロンで筋を付けた外周をミシンで抑えていきます。完成まであと少しです。



完成しましたー! 本当に真っすぐ縫うだけですので、裁縫初心者の方でもトライしやすいと思います。



今回は、2種類のかわいらしい和柄生地を見つけたので、2種作成してみました。和柄でなくても、ドットやチェックなどの生地でも違うかわいらしさでく、コケティッシュな帯になると思います。お気に入りの柄を見つけてみてくださいね。

 


早速お祭りに出かける長女に結んでみました(写真一番右)。私も着付けの技術はまったくありませんが、ウエストに二回ほど巻き込んでから、リボン結びの要領で結んでみました。
接着芯のない柔らかな部分が、兵児帯らしいふんわりとした仕上がりになり、とても涼しげで風流になりました。

ぜひ、トライしてみてくださいね。

Hiromi

BY Hiromi

SNSで共有

  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) facebook
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) instagram
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) twitter
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) RSS

メルマガ配信中

カンタン会員登録で、Simple Stylishの最新情報と、ちょっとお得なお知らせをメールでお届けします!

登録はこちら

隔週刊 かわいい刺しゅう

籐でつくる小物とバッグ

ハンドメイドキットをご紹介