2018/02/13

不要になったぬいぐるみを座布団にリメイク

 

皆さんのご家庭で「そろそろ飽きちゃった」というぬいぐるみたち、結構いませんか?

 

我が家では、不要になったぬいぐるみたちは、これまで私たちを癒やしてくれたことに感謝してから、思い切って処分しています。とはいえ、実際処分するのはぬいぐるみを形作っている生地のみ。中に詰められていた綿は、別の形へリメイク!

 

不要になったぬいぐるみたちを、残念ながら写真には残していないのですが、ちょこちょこと不要なぬいぐるみが出るごとに中の綿のみをキープしていました。

 

今回はその綿を使って、市販にはないちょっと大きめでゆったり座れる座布団を作ってみたので、ご紹介したいと思います。

 

 

 

■用意するもの

・家にある余り布(作りたい座布団サイズの二倍以上の大きさが必要)

・カバーにしたいマルチクロスなど

 

写真のように、新聞紙などで予め作りたいサイズの型紙を作り、共通の大きさにカットしていきましょう。今回はかなり大判の65cm四方にしてみました。

 

縫い代をそれぞれ約1~2cm程度とって裁断し、中表に合わせたら、綿入れ口を残して外周をミシンで縫っていきます。生地を表に返したら、リメイク用の綿をどんどん詰めていきましょう。結構パンパンに詰めたほうが、のちにつぶれにくくなります。

 

綿入れ口を、手縫いでふさいだら、続いて「とじ」を作ります。「とじ」を入れることで中の綿の偏りを防ぐことができます。座面の中央と、対角線上の四か所に、計5か所をつまんでいきます。

 

 

針は長めの針にしましょう。そのほうが作業しやすいです。表から針を刺したら、裏で往復させ、再び表に向かって刺します。この時、写真のように糸の端と端は長めに残してください。

 

 

 

次に、この2本の糸をかなりきつめに固結びします。結び目周辺を、両足でグッと踏み付け綿をペタンコに押さえ込むときつく結びやすくなると思います。これで「とじ」が作れました。

 

 

 

5箇所とじたのがこちら。なんとなく“座布団”らしくなりました! あらかじめ、座布団用に購入した布で作った場合は、これで完成です。私は、洗い替えのカバーを別途付けたかったので、無難な白で作りました。

 

 

 

今回カバーリングに使用したのは、エスニック雑貨店で購入したマルチクロス。1m四方ぐらいのマルチクロスでしたが、写真のようになんとかギリギリ縛れました。

 

 

 

マルチクロスなら、汚れた時もさっと結び目をほどいて洗うことができるのでオススメです。さまざまな柄のクロスで座布団をおめかししてみてはいかがでしょうか?

 

Hiromi

BY Hiromi

SNSで共有

  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) facebook
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) instagram
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) twitter
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) RSS

メルマガ配信中

カンタン会員登録で、Simple Stylishの最新情報と、ちょっとお得なお知らせをメールでお届けします!

登録はこちら

隔週刊 かわいい刺しゅう

籐でつくる小物とバッグ

ハンドメイドキットをご紹介