2018/02/09

簡単に作れちゃうんです♪かわいいハンドメイドのディスプレイシェルフ

このディスプレイシェルフは、私の一番のお気に入り、そして自信作です! 実はすごく簡単でリーズナブルに出来ちゃうのです。
 

 
壁にかけて物を飾るので、軽い素材が向いているため、杉板を使いました。13×42×3650㎜という長~い板ですが、なんと1本150円!!! そして実はこの板2本で作れるのです。ホームセンターでは、「杉 胴縁」という板を探してみてくださいね。
 

 
■用意するもの
・杉 胴縁 … 約13×42×365㎜ 2本
・オイルステイン(ウォールナット)
・水性ペンキ(ミルキーホワイト)
・刷毛 … 1つ
・新聞紙… 適量
・古布… 適量
・釘 … 適量
・空のペットボトル … 1本
・吊金具 … 2つ
 
長さ90㎝を2本、45㎝の杉板を6本用意します。今回は3650㎜の板が安かったのでカットして使用しましたが、180㎝や90㎝にカットしてあるものをつかってもOKです。カットはホームセンターなどでは、カットは無料だったり、1カット2.30円でやってもらえるので便利です。

 

 
4本の45㎝の板にオイルステインを塗ります。古布にステイン材を少しずつつけて、全体に擦り付けるように塗ります。最初は薄めに塗っていくと失敗がないですよ。

 

 
45㎝の板の残り2本と、90㎝2本は白に塗っていきます。

 

 
ここでワンポイント! Old感を出したいので、先ほどオイルステインを塗る時に使った古布を再利用します。使い続けたら傷や汚れが付きそうな部分を想像しながら、付着しているステイン材を、シュッと白く塗ったその上から薄くかすれるくらいに塗っていきます。すると、古ぼけた感じが出てきたと思いませんか? 本当はヤスリなどで削ったほうがリアルなのですが、できるだけ簡単に仕上げたいので、こういったやり方を覚えておくのもおすすめです。

 

 
シェルフの一番上になる板の中央に飾りを付けます。場所はどこでもOK! 右端でもかわいいですよ。お気に入りの飾りを好きなところにつけてみてください。

 

 
飾りたい物に合わせて各棚の高さをイメージします。決まったら、まずボンドで仮付けをします。一度に全部ボンドで付けてしまうと釘が打ちづらいので、1つずつ進めていきましょう。ボンドが乾いたら上から釘で止めます。
 

 

 

 
吊下げ金具を取り付けたら完成です♪

 

 
前回は白一色で作ってみましたが、どちらも素敵でしょ? 本当に簡単なのでぜひ作ってみてくださいね!

SNSで共有

  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) facebook
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) instagram
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) twitter
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) RSS

メルマガ配信中

カンタン会員登録で、Simple Stylishの最新情報と、ちょっとお得なお知らせをメールでお届けします!

登録はこちら

籐でつくる小物とバッグ