2018/02/05

石粉ねんどでお手軽アロマストーンを手作り

「アロマストーン」ってご存知ですか? 火・水・電気を使わなくてもアロマを楽しめるというアロマグッズで、それ自体は“素焼きの石“なのですが、香りを楽しみたい場所にアロマストーンを置き、アロマオイルを数滴たらすだけでOKという手軽さが人気のアイテムなのです。

このアロマストーン、専門的な道具や材料がないとさすがに手作りは難しいと思われるかもしれませんが、実はご自宅で簡単に、しかも粘土を使って子供と一緒に作れるとあれば、ちょっと試してみたいと思いませんか?

 

粘土というと「手作り感たっぷりでオシャレじゃない」「不器用だから無理」…、そんな声も聞こえてきそうですが、手で形を作るのではなく「モールド」という型を使って作るのでその点は心配無用です。

 

 

 

■準備するもの

・石粉ねんど(100円ショップで購入)

・モールド(今回使用した型は3種)

・綿棒

・オイル(オリーブオイルでもOK)

 

 

 

石粉ねんどはこのようなパッケージで売られていて、よく見ると細かい加工もできると書いてあります。なるほど…、確かにこの「女神像」みたいものが作れるならすごいかも…!(笑)

 

 

 

まず、モールド(型)にオイルを塗っていきます。なにも塗らずに粘土を入れてしまうと、細かい凹凸に粘土が入りこんでしまい取れなくなるので、この作業は必ず行ってください。オイルを塗ることにより、滑りをよくして取り外しやすいようにします。綿棒を使うと、細かい凹凸まできれいに塗ることができますよ。

 

 

 

粘土を適当な大きさにちぎって少しこねてください。

 

 

 

モールドに入れます。裏面が平らになるように調整したほうがきれいです。

 

 

 

型を抜くと、こんな感じ。

 

さぁ、どんどんやっていきましょう!!

 

 

 

ここで子供の登場です。粘土が大好きな子供にとってはとても楽しい作業になるはず♪ たくさん作れました~。

 

 

 

子供が抜いていた型ですが、実はこれクッキング用。マシュマロフォンダントというお菓子を作るために使うもののようですが、粘土に使っても大丈夫でした。要はこういう型があれば簡単に作れるということなのです。

 

 

 

完全に乾ききるまでに2~3日はかかりますが、乾いたあとはお気に入りのアロマオイルを垂らして飾れば完成です! 固まる前に穴をあけておけば、リボンを通してぶら下げて飾ることもできます。色を付けて楽しむのもいいですね。裏面が気になる方は、同じ型を2個作り、裏面をくっつけてしまえば両面美しいストーンの出来上がり。玄関や寝室、お手洗いなど、ぜひお気に入りの香りで満たして、気持ちよく過ごしてみてくださいね!

Asuka

BY Asuka

SNSで共有

  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) facebook
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) instagram
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) twitter
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) RSS

メルマガ配信中

カンタン会員登録で、Simple Stylishの最新情報と、ちょっとお得なお知らせをメールでお届けします!

登録はこちら

籐でつくる小物とバッグ