2018/01/29

かわいい~♪羊毛フェルトのハンドメイドヘアゴム

私の娘は髪の毛がとても長いんです。そのため、へアゴムは必需品! ヘアゴム入れはたくさんのヘアゴムであふれています。でも「いつもみんなと同じヘアゴムじゃぁつまらない…」そんな娘のリクエストから、大好きな羊毛を生かしてヘアゴムが作れないかな?と考え付いたのが、今回紹介する「羊毛フェルトのクマさんヘアゴム」です。

 

 

羊毛はぬれると縮んでしまうので、スイミングなど水がかかる場所では使えませんが、売っていないオリジナル感いっぱいの手作りヘアゴムは、お友達にも大人気のよう♪

 

■用意するもの

・羊毛フェルト…適量

・芯用専用綿(ニードルわたわたなど) … 適量

・リング型ゴム … 1つ

・ラインストーン … 1つ

・針、糸

・フェルティングニードル

・ニードルホルダー(あれば便利)

・フェルティングマット

 

 

 

芯用専用綿を作りたいクマの大きさに合わせて丸く刺していきます。クマの大きさですが、小さいお子さん用や二つ結びに使いたい場合は小さめ、ポニーテールなど一つ結び用には少し大きめに作るとバランスがよいと思います。クマの耳の部分も同じように小さな丸を2つ作ります。3つの芯ができたら、羊毛を巻き付けて全体的に刺し固めていきます。小さなおにぎり型を作るようなイメージで、立体的に刺していきましょう。

 

 

 

耳も同じように羊毛を巻き付けて刺していきますが、巻き終わりを少し長く残しておきます。こうすると、耳を頭に付ける時になじみやすくなるのです。耳を頭にバランスよく配置し、長く残した羊毛をふんわりと顔になじむように被せます。耳を頭に固定するように刺していき、ある程度固定したら、ふんわり被せた羊毛をなじむように刺していきます。バランスを見ながら耳がとれないように刺していきましょう。(耳を長く作るとうさぎちゃんになりますよ♪)

 

 

 

次に、顔の中心を作っていきます。まず、顔の中心になる部分を、茶色の羊毛と使って平らに丸く刺します。ある程度の形になったら顔の中心より少し下に刺し加えていきます。次に目、鼻、口をバランスよく刺していきます。これで、顔の出来上がりです。茶色い部分を刺すことによって、愛らしさと立体感が生まれますよね!

 

 

 

もちろんこれで十分ですが、リボンを付けるともっとかわいく華やかになります。リボンは作りたい大きさより少し大きめの長方形を用意します。大きめに作る理由は、リボンをクマに刺して付けていくうちに当然小さくなってしまうからです。まず、長方形の真ん中部分を刺してリボン形にします。それから、クマさんの好みの位置にリボンを刺し付けていきます。100円ショップなどで売っているラインストーンやビーズなどを付けると、アクセントになりますよ♪

 

 

 

最後に、クマさんにヘアゴムを付けていきます。

今回はリング型のヘアゴムを使用しました。リング型はゴムの結び目がないので、きれいに仕上がってよいのですが、つなぎ目が取れやすいのが難点。通常、つなぎ目が隠れるように飾りを縫い付けますが、一番負荷がかかる場所なので、私はあえてつなぎ目部分を隠さずに外して縫い付けました。そうすることで、少しでも寿命が延びるように工夫をしています。

 

二本どりをした糸でゴムを縫い付け、その上から平らに刺した羊毛シートを被せてクマに刺し、縫い付けた部分が隠れたら完成です♪

 

小さい割に少し工程が多いので最初はたいへんかもしれませんが、慣れてくるとサクサク作れちゃいますよ。

 

世界に1つだけのクマさんのオリジナルヘアゴム、ぜひお子さんに作ってあげてみてくださいね!

 

 

 

 

 

SNSで共有

  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) facebook
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) instagram
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) twitter
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) RSS

メルマガ配信中

カンタン会員登録で、Simple Stylishの最新情報と、ちょっとお得なお知らせをメールでお届けします!

登録はこちら

籐でつくる小物とバッグ

ハンドメイドキットをご紹介