2018/01/26

ナチュラル素材でコースターを簡単手作り

みなさんは、普段どんな素材のコースターを使っていますか? ストーン製のものだったり、布だったり、シリコン素材だったり、たくさんのコースターがあると思いますが、今回、そのどれでもない“綿のロープ”でコースターを作ってみました。

 

 

 

■用意するもの

・細めのロープ…約7m(100円ショップで購入可能)

・グルーガン

・好みの大きさのコースター(大きさをそろえるためのベースにします)

 

 

 

まずロープの端っこの部分にグルーを少し付けて丸めます。

 

 

 

丸めたロープを中心にして、何周かくるくると巻いていきます。グルーはすぐ乾くので少しずつ付けていきましょう。

 

どんどん巻いて、大きさを土台にするコースターの大きさまで巻いていきます。巻く時のポイントですが、あまりきつく巻きすぎないようにしましょう。どうしても、ロープの間にアキができないよう「きっちり付けなきゃ!」と思いがちですが、きつく巻くとコースターの大きさまで巻いた時に反りかえってしまいます。私も実は1つ失敗してしまい、それは子供のおままごと用になりました…(笑)。

 

 

 

さて、土台のコースターの大きさまで巻くことができたら、最後は裏の部分に少し折ってロープの端をグルーガンで留めていきます。これだけの作業で出来上がりです。

 

気を付けることは、何度も言いますが、ロープをきつく巻きすぎないこと。それからグルーガンから出てくるグルーは高温なのでやけどに要注意です! ちなみにロープ7mで、直径約10cmの大きさのコースターが5個作れました。

 

出来上がったコースターの周りにポンポンをつけてアレンジしてみたら、とってもかわいくなりました。今回は細めのロープで作りましたが、太めの麻のロープで作ってみると、それはそれでもっとナチュラルな雰囲気になります。周りにビーズなどを縫い付けてもいいですね。大きさは、自由に変えられるので、大きくして「鍋式」にしてみるのもおすすめです!

Asuka

BY Asuka

SNSで共有

  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) facebook
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) instagram
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) twitter
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) RSS

メルマガ配信中

カンタン会員登録で、Simple Stylishの最新情報と、ちょっとお得なお知らせをメールでお届けします!

登録はこちら

籐でつくる小物とバッグ