2017/12/29

お手軽なのにゴージャスなのが魅力!ビーズ刺繍

とっても簡単なのに、見た目はちょっぴりゴージャスに見える“ビーズ刺繍”について、今回は紹介させてください。「リボンを作ってみたけれど、なんだか物足りない」「なにかもう少しポイントが欲しい」…なんていう時に、ひと手間加えるだけで、ガラッと印象を変えてくれるのが美しいビーズたち。
 

 
でも刺繍なんてちょっと大変そう…と思っている方、心配ご無用! なんせ、ざっくりやるのですから! 大雑把に塗ったとしてもビーズの力できれいに仕上がってくれるのです。
 
■用意するもの
・ビーズ用針…適量 ※あればでOK。ビーズの穴に通るくらいの針の細さであれば大丈夫です
・ビーズ用糸…適量 ※あればでOK。ビーズ用の糸は普通の糸と比べて丈夫です
・フェルト…適量
・ビーズ…適量
・中央のポイントとなる飾り(100円ショップなどで入手可能)
 

まず、ポイントになる飾りよりふた回りほど大きめにフェルトを2枚、円形に切ります。今回の用意したポイントパーツには穴が開いていたのでフェルトに縫い付けました。
 

次に、ビーズを通していきます。少しゴージャスに見えるようにパールタイプのビーズを選んでみました。ビーズは3個一気に糸を通します。そのほうが円を作りやすいのです。もちろん1個ずつ通してもよいのですが、手軽に素早くできるのは3個通しです。3個のビーズを通したらフェルトに縫い付けます。
 

その次がポイントです! 一度縫い付けたまま、次の3個のビーズへ進めてしまうと、ビーズがしっかりと固定されないので、2度縫いをします。一度縫い付けた3つのビーズにもう一度糸を通して縫います。これをするのとしないのではビーズの安定感が違います。こうして、どんどん縫い進めていきます。もし最後の部分が3個では多いようであれば2個にするなど数を調整してください。
 
さて裏側はどうなっているかといえば・・・?
 

こんな感じになっています!
 
これを隠すためにもう1枚のフェルトを裏面に貼り付け、それをリボンに貼り付ければ完成です。今回はわかりやすいようにピンクのフェルトを使いましたが、リボンの色と合わせるとなじむのでそこまでフェルトは目立たないはずです。
 
一番簡単なやり方をマスターしてしまえば、ビーズ部分を2重や3重にアレンジすることも可能です。針と糸を使うというと、ちょっぴりハードルが高いように感じられるかもしれませんが、小さいものなので慣れてしまえば、あっという間に出来上がりです。既製品のリボンをもう少し華やかにしたい時などにも便利ですよ。普通のビーズでカラフルにすると、子供にも喜ばれそうですね。

Asuka

BY Asuka

SNSで共有

  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) facebook
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) instagram
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) twitter
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) RSS

メルマガ配信中

カンタン会員登録で、Simple Stylishの最新情報と、ちょっとお得なお知らせをメールでお届けします!

登録はこちら

隔週刊 かわいい刺しゅう

籐でつくる小物とバッグ

ハンドメイドキットをご紹介