2017/12/20

直前でも大丈夫!思い立ったらすぐ作れるクリスマスリース

クリスマスも目前になり、ツリーは飾ったけれど、リースは特に飾らない、というお宅もあるかと思います。特にマンションなどの集合住宅では、あまり気にかけないアイテムかもしれませんね。一方で、ショップに行けば、割りといいお値段で売られているリース。小さいリースはリーズナブルですが、やはり飾ってもチープな印象は否めません。
満足できるサイズで、ボリューミーな憧れのリース。実はこれ、かなり簡単に低予算で作ることができるんです。

そこで、今回は、誰でも簡単にすぐ作れるクリスマスリースをご紹介します。

材料はすべて100円ショップなどで入手できます。私の場合、店内を巡りながら、リースのイメージを膨らませ、リースの土台や松ぼっくり、ツリー用のオーナメントなど、写真の8点を購入。1000円でお釣りが来ました。

まず、白いフレームに、フェイクグリーンをぐるぐると巻き付けます。フェイクグリーンとのバランスを考えながら、オーナメント用の松ぼっくりをグルーガンで留めていくだけ。


こちらが私が愛用しているグルーガン。もちろん、100円ショップ。グルースティックは100円ですが、グルーガン本体は200円。それでもホームセンターよりも格段に安い! 5分ほどグルーガンでスティックを温めたら、ランダムに松ぼっくりをデコレーションしていきましょう。


こんな感じに松ぼっくりが取り付けられたら、あとは残りのオーナメントやイミテーションチェーンなどを取り付けたり巻き付けたり。時々全体像を見ながらバランスよく配置してみてくださいね。


仕上げに、家にある余り布で大きめのリボンを結びます。リボンは、リースのサイズにもよりますが、リボンテープなどを使うよりも、こうした布を使用し、太め&大きめに付けたほうが、とってもゴージャスな印象になります♪

ここまでの所要時間は、1~2時間。買い出しから計算しても数時間で完成です。

ハンドメイドリースは、温かみもありますし、なんといっても世界でたったひとつのオンリーワンリース。小さなお子さんがいるご家庭などは、この時期、公園などでも落ちている、自然の松ぼっくりやドングリを一緒に拾って、取り付けるのもさらに楽しいですよ。また、庭にユーカリの木などが生えているご家庭では、ユーカリの枝を巻き付けて、アロマ効果も期待できるリースにするのも素敵!

ぜひ今年はクリスマスリースを作りながら、今年はどんなクリスマスにしようかな…など、イメージ膨らませてみてくださいね。

Hiromi

BY Hiromi

SNSで共有

  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) facebook
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) instagram
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) twitter
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) RSS

メルマガ配信中

カンタン会員登録で、Simple Stylishの最新情報と、ちょっとお得なお知らせをメールでお届けします!

登録はこちら

籐でつくる小物とバッグ