2017/10/03

残った毛糸でアートを作ろう

編み物で作品を作り終えた時、たいてい毛糸が残ります。他の物を作るほどは残っていないけれど、使わないのはもったいない。余った毛糸を何かに利用できないかしら? そんな時は、おまかせください! 余り毛糸の楽しい利用法を見つけました!

 

用意するものは、余った毛糸、絵具、筆、木製のキューブです。

 

まず、毛糸を木製キューブに巻き付けてください。キューブの大きさや糸の巻き付け方、巻き付ける量などは、自由! 木製のキューブがなかったら、折りたたんだ段ボールでも代用可能です。

 

 

これで、毛糸スタンプの完成です! 毛糸に筆で絵の具を塗ってください。毛糸は絵の具を非常によく吸収してしまうので、押した時にしっかりと色が出るように、たくさん絵具を使ってください。塗る際は、糸の繊維にそって筆を常に同じ方向に動かして塗るのがコツです。

 

 

さあ、スタンプしてみましょう! 画用紙に押し、額に入れてアートとして飾るなんてどうですか? それとも、包装紙に押したり、無地のテーブルクロスに押したりして、あなただけのオリジナルアイテムを作ってみませんか?

SNSで共有

  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) facebook
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) instagram
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) googlePlus
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) twitter
  • シンプル・スタイリッシュ(Simple Stylish MAKES) RSS

メルマガ配信中

カンタン会員登録で、Simple Stylishの最新情報と、ちょっとお得なお知らせをメールでお届けします!

登録はこちら

籐でつくる小物とバッグ